セール

逆デイトレードとスイングトレード

$29.98

-
+

スペック

カテゴリー: ,

説明

あらゆるタイプのトレーダー向けに設計

初心者に優しいインターフェイス。スキャルピング、デイトレード、スイングトレードに適しています。

リペイント技術なし

ソフトウェアは再描画しません。リアルタイムでも他の条件でもありません。

内蔵アラート

新しい信号が発生すると、即座にアラートが届きます。

– 標準 MT4 ポップアップ + サウンド

- 電子メール通知

– プッシュ (モバイル) 通知

取引例

取引シグナルがどのように見えるかを見てみましょう。

エントリーは非常に読みやすく、MTF ダッシュボードでシグナルを照合するだけで、大手企業と一致するエントリーを取得できます。

赤のシグナル + 赤のタイムフレーム = 売りシグナル

青のシグナル + 青のタイムフレーム = 買いシグナル

そのような単純な。

 

逆デイトレードとスイングトレード
逆デイトレードとスイングトレード
逆デイトレードとスイングトレード
逆デイトレードとスイングトレード
逆デイトレードとスイングトレード
逆デイトレードとスイングトレード
高度な MTF 確認

ソフトウェアは、エントリをサポートする高度な MTF 確認ダッシュボードを提供します。

ビッグプレーヤーと一致するシグナルをトレードして、より多くの勝利を目指しましょう!

(独自の取引商品を選択できます。シンボルをインジケーター設定に追加するだけです。)

各モードは異なる MTF タイムフレーム (スキャルピング/デイトレード/スイングトレード) を使用します。

逆デイトレードとスイングトレード

リバースデイトレードとスイングトレードは、金融市場、主に株式、商品、外国為替の文脈で使用される 2 つの異なる取引戦略です。これらの各戦略を詳しく見てみましょう。

逆デイトレード:

逆デイトレードは取引です トレーダーが市場の一般的な傾向に反してポジションを取る戦略、短期的な価格反転で利益を狙う。この戦略は、群衆の感情に反することを伴うため、逆張り取引と呼ばれることがよくあります。

逆デイトレードの主な特徴:

  1. 逆張りアプローチ: この戦略を使用するトレーダーは、市場がニュースやイベントに過剰反応する傾向があり、一時的な価格反転につながると考えています。彼らは、現在のトレンドに逆らってポジションをとることで、こうした反転を特定しようとしています。
  2. 短期的な焦点: 逆デイトレードは通常、短期戦略です。トレーダーは、取引日内の価格変動を利用して、数分から数時間ポジションを保持することがあります。
  3. テクニカル分析とファンダメンタルズ分析: トレーダーはテクニカル指標を組み合わせて使用できます 潜在的な反転ポイントを特定するためのファンダメンタルズ分析。一般的なテクニカル指標には、RSI (相対強度指数)、MACD (移動平均収束ダイバージェンス)、サポート/レジスタンス レベルが含まれます。
  4. 危機管理: この戦略は逆張りの性質があるため、リスク管理が重要です。トレーダーは、市場が予想通りに反転しない場合の潜在的な損失を制限するために、厳しいストップロス注文を設定することがよくあります。
  5. ニュースとイベント: ニュースリリースや市場イベントが反転を引き起こす可能性があります。トレーダーは、市場センチメントの変化につながる可能性のあるイベントを探す場合があります。

スイングトレード:

スイングトレードは、既存のトレンド内での短期から中期の価格変動を捉えることに焦点を当てた戦略です。トレーダーは、サポートレベルとレジスタンスレベルの間の価格変動を特定し、それを利用することを目指しています。

スイングトレードの主な特徴:

  1. 次のトレンド: 逆デイトレードとは異なり、スイングトレーダーは通常、一般的な市場トレンドに従います。彼らは、有利なスイングポイントが特定された場合、トレンドの方向にポジションに入ろうとします。
  2. 中期的な視点: スイングトレーダーはデイトレーダーよりも長期間ポジションを保持します。取引は、使用される時間枠に応じて、数日から数週間続くことがあります。
  3. テクニカル分析: テクニカル分析はスイングトレーダーにとって主要なツールです。彼らは、チャートパターン、テクニカル指標、トレンドラインを使用して、潜在的なエントリーポイントとエグジットポイントを特定します。
  4. 危機管理: スイングトレーダーはデイトレーダーに比べて幅広いストップロス注文を設定することがよくあります。これにより、全体的な傾向の範囲内に留まりながら、短期的な変動を乗り越えることができます。
  5. 忍耐と規律: スイングトレーダーは、短期的な市場のノイズに振り回されず、適切な設定を待つ忍耐と規律が必要です。
  6. 市場調査: ファンダメンタルズ分析は長期的な視点で使用される場合があります。スイングトレーダーは、市場全体の健全性を評価するために、取引している資産のファンダメンタルズを調査することがよくあります。

要約すると、リバース デイトレードでは、一般的なトレンドに逆らって短期的な価格反転を狙うのに対し、スイング トレードでは中期的な既存のトレンド内での価格変動を捉えることに焦点を当てます。トレーダーは、自分の取引スタイル、リスク許容度、市場状況に合わせた戦略を選択する必要があります。どちらの戦略にも長所と短所があり、成功はトレーダーのスキル、分析、規律に依存します。

レビュー

レビューはまだありません。

“Reverse Day Trading and Swing Trading” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です